【スタンド考察】グッチョのサバイバーを解説!

サバイバー/Survivor

破壊力:E
スピード:E
射程距離:E
持続力:C
精密動作性:E
成長性:E


サバイバー


本体名:グッチョ




最弱のスタンド

破壊力:E
スピード:E
射程距離:E
持続力:C
精密動作性:E
成長性:E

ホワイトスネイクのDISCによって発現した、100分の7ボルトという小さなエネルギーの中に潜む最弱のスタンド。
本体名の元ネタはかの有名なイタリアのブランド、グッチを創業したグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)から。
スタンド名の元ネタはアメリカのロックバンド、サバイバー(Survivor)から

再生を押すと元ネタ音楽を無料試聴ッ!ファインセンキュー!


AppleMusicで聴く
Amazonミュージックで聴き放題ッ


能力は「闘争本能を引き出す

脳の中の闘争本能を刺激する小さなエネルギーの能力顕現型スタンド。
直径20センチほどの円盤状のスタンドで、水分を伝って能力の射程範囲内を伝搬する

乾燥した皮膚であれば干渉できないほど、サバイバーの引き起こすエネルギー、電圧は小さく7/100ボルトしかない

人体の抵抗で電気を通すこともできない微弱なエネルギーの中に潜むサバイバーであるが、スタンド能力を見出したDIOをして「最も弱い」が「手にあまる」と評したスタンドである


サバイバーは濡れて電圧の通る範囲内で自身のコピーを作り出し、増殖する。
サバイバーの紐状の形状や、水分の中で増殖していく
さまは、まるで怒りという神経伝達物質を運ぶ神経細胞のようである。

増殖したサバイバーは、濡れた皮膚などを通じて脳を刺激すると、人間の持つ闘争本能を強制的に引き出す
すなわち、本体のグッチョのいる空間にいる人間全員が凶暴性を増し、互いに命を賭けた闘争を始める

サバイバーによって闘争本能を研ぎ澄まされた人物は戦いに必要な感覚も鋭敏になる
これにより、相手の肉体やスタンド使いならスタンドの強みの部分が感覚で輝いているように見える
逆に、弱みの部分は黒ずんで見えるようだ

また、サバイバーによってアドレナリンが分泌され続けているためか、痛みも感じにくくなり、気を失うか死ぬまで戦闘を続行しようとする







感情のブレーキを崩す能力

能力の本質は「怒りの抑制バランスを崩す」。

人はちょっとしたことで感情が動く
その感情を理性や別の感情が抑制したり、バランスを取ることで普段は生活をしている。

サバイバーは感情そのものを呼び起こすような力すらないが、脳に小さな刺激を与えることで、バランスを一瞬崩すのである


すると、ちょっと腕がぶつかった、パーソナルスペースに入り込んだ、人のものを盗んだ、顔が気にくわないといった些細なことから烈火のごとく止めどなく怒りが湧いてくるのである




怒りは生物が攻撃を受け、反撃をしなければならない時に起きる感情である
このため、痛みや恐怖を抑制する神経伝達物質が分泌され、凶暴性を増し続ける。

通常、怒りは数秒で収まるが、サバイバーの影響下にいる限り、怒りはすぐに発生し、ストレスを受け続けることになる
結果的に、全員が倒れるまで闘争は続くのである

なお、サバイバーによる怒りは闘争本能を極限まで高めるため、人間の生存本能が呼び覚まされると思われる。
火事場の馬鹿力や命の危機に周りがゆっくり見える、というように人間の脳は生存本能が刺激されると生きるためにブレーキが外れるようだ。

サバイバーの能力下にある際に発現する、筋肉の動きが感じ取れるのもその一端である。
特に、サバイバーは周囲一帯の人間を電気的、スタンド エネルギー的につなぐので、互いの長所と短所が見えるという形で発現する。




サバイバー自身、大した能力はないためそれ以上の能力は何もない。
しかし、「天国」へ至る道を目指していたDIOはサバイバーの影響下で起こる現象から一つの示唆を得たのではないか

サバイバーの微弱な電流でつながっている者同士の間では、互いの筋肉やスタンドを鋭敏に察知し、強みと弱みを互いに見分ける新たな能力を獲得している

まるで、サバイバーで複数の脳がつながり、新たな進化を起こしたかのようである

オシリス神から「魂」の加工の可能性を見出し、トト神から「永劫回帰する運命」を予見したDIOは、サバイバーから「36人以上の罪人の魂」と脳を利用した進化を閃いたのかもしれない






周りを苛立たせる男

本体であるグッチョや、サバイバーの元々の持ち主である山小屋の主人は何がどうということではなかったのだが、人を苛立たせてしまう性質であったという

その怒り、苛立ちに対して「自分は悪くない」、「悪いのは周りの人間である」という信念がサバイバーの能力を生み出したのかもしれない

山小屋の主人同様に周囲を苛立たせてしまう、気弱な男であるグッチョはサバイバーを扱う才能があったために刺客として送り込まれる。

しかし、誰よりも自己中心的な神父によって最期は「メサイヤ」のCDを差し込まれ聖歌を歌いながら死亡する。




出典:荒木飛呂彦原作 集英社出版 ジョジョの奇妙な冒険

更新情報や近況を発信してます。フォローお願いします♪


クリックで応援いただけると、スタンド考察完了まで爆速で走ります♪♪
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村

ジョジョアニメも31日間無料で見れるッ!

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。







2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます。
    この回、
    抜け落ちて読んでいなかった事が分かったので、
    チェックしたいと思いますw
    ファイトクラブ面白い映画ですね、
    私にとってはベストムービーです。
    DVDを何回も見てしまうので、
    危機感を覚えてヤフオクで売却しましたw

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��zero@全国NO.1営業マン★社畜☆相互読者歓迎さん
    六部は意外に面白いのでおすすめですよ!
    ファイトクラブだ!みたいなセリフからも荒木先生の映画好きって伝わってきますよね~~(^∇^)

    返信削除

最新の投稿

【スタンド考察】グッチョのサバイバーを解説!

サバイバー/Survivor 破壊力:E スピード:E 射程距離:E 持続力:C 精密動作性:E 成長性:E

こんな記事がよく見られています